スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共倒れしないように

なかなか体調がすっきりせず、しばらくブログ書けませんでした。。

長男とピアノの練習でもめたり、次男君は毎日イヤイヤで泣き叫ぶし・・。

まあ、まだ6歳と1歳だもんね、仕方ない


長男のピアノですがね。

いちおう朝晩練習させてます。ただ、自分(わたし)が弾けるばっかりに、口出し

してしまうし、自分が習ったやり方と違うのがかなり疑問に感じてました。

まだドがどの鍵盤かもわからない、超・初心者の長男に簡単とはいえいきなり楽曲弾かせたり。

やっぱり個人レッスンにするべきだわ、じゃなきゃ弾けるようにならん!、とダンナに

言ってたのを長男が聞いて、なんと先生に先週「来タームはこない」と

言ってしまったのー


スポンサーのグランマに相談したら、「楽しくやるのがいちばん、別にピアニストに

させるわけじゃないし。音感養って、音符が読めればいいのよ。
」って。

目が覚めました


決して安くないレッスン料金なので、払ってもらっている以上上手にさせないと、と

焦って力入ってんだけど、週末にグランマが来たとき、習った3曲を長男がたどたどしい

ものの弾いたところ、それはそれは喜んでくれました。

もともと乗り気じゃなかった長男にグループなら・・と始めさせたわたし。すでに毎日

練習してるから、それで十分なはず。個人レッスンに行ったら、さらに練習増えるだろうし。

それよりも、楽しくいける今のほうがいいね


今朝レッスンに行ったら、おそらく先週の長男の「やめる」宣言に衝撃を受けた先生が

いろいろアドバイスしてくれました。ごめんなさい、先生プロなのに、たかが数年ひいてた

わたしが批判して(心の中ですよ、口にはもちろん出してません

楽曲を与えるのも、知ってる曲を弾かせることで、リズムやテンポもなじませる方法みたい。

確かにつまんないバイエルでめげるより、なじみのある子どもの曲のほうが本人も弾けて

楽しいし、聞いてるほうもノッてくるものです。今はこういうやり方なのかもね。


自分の浅はかさを反省し、みんなを尊敬した週でした

よく、子どものスポーツなんかで親ががんばりすぎて、子どもにもがんばらせ、

共倒れしちゃうって聞きますものね。そうなってはいけません。まずは興味をもつこと
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

akiko

Author:akiko
シドニーでオーストラリア人のダンナと7歳と2歳の息子、日本スピッツ(犬)と暮らす主婦です。趣味は手芸、パン作り。
英語は幼少期からの趣味で、一生おとせない(ネイティブには決してなれない)憧れの彼のような存在です。フリーで在宅翻訳をしています。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。