スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵子凍結ディベート

我が家は日曜日だけ新聞をとっています。気づいたけど、大体月1回は不妊治療にまつわる

記事が載ってますね。体外受精暦の長かったわたしとしてはやっぱり読んでしまいます。


昨日の記事は「卵子凍結」について。

女性の結婚が遅れる中、40台になってパートナーもいず子供を生むにはすでに遅し、を

避けるべく、若いうちに卵子を凍結しておきましょうというもの。

これ、がん治療等病的な理由で凍結しておくものではなく、単にパートナーが

いなかったときの保険としての卵子凍結。あるクリニックで卵子凍結を宣伝しているらしく、

別のクリニックからいかがなものかと反対意見が出ています。これには、わたしも同感。

何回もやった立場から言えば、若いうちに卵子凍結すれば必ず妊娠できるってわけじゃない。

20台で10個採卵して40台になってから使うときに、全部受精しなかったら? 妊娠しても

流産しちゃったら? そこのところも含めて宣伝しなくちゃだめですよね。

健康で問題がなく相手もいるんだったら、自然にできる年齢のうちから頑張ったほうが

いいと思う。


隣の記事に40台の女性が。30前半で彼氏がいて結婚しようと思ってたけど破局、以降

相手に恵まれず40手前でアメリカの精子提供者を探して体外受精、シングルマザーに。

大変だろうけど、この人のきもちはわかります。ずっと家庭を持ちたくなかったわけでは

なく、単にそういう相手にめぐり合えなかっただけですから。この手のケースが増えている

ようですが、わたしは得に反対ではありません。最初からパートナーなしで母親になる、と

腹もくくってるんでしょうし。


こういう記事を読むと、パートナーもいて、時間もかかったけどふたりの子供に恵まれた

自分は本当に幸せだと思います。日々、感謝しなくっちゃね★

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

akiko

Author:akiko
シドニーでオーストラリア人のダンナと7歳と2歳の息子、日本スピッツ(犬)と暮らす主婦です。趣味は手芸、パン作り。
英語は幼少期からの趣味で、一生おとせない(ネイティブには決してなれない)憧れの彼のような存在です。フリーで在宅翻訳をしています。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。